Japnoy生活



プロフィール

うらーら

Author:うらーら
フィリピン語を勉強する女子大生。エモーショナルに生きる日々です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年の正月は…
皆無だった。

東京から戻り、31日に仕事

さらに悪いことに、1日になる瞬間も神社で初詣の取材だった。原稿仕上げて帰りは深夜2時半。
家に帰っても、家族は実家に帰っていて誰もいなく、帰り道のすでに静まった神社で一人寂しく初詣した

2日は、勤務終えて、さー帰るか、となった時に警察から親子スキーヤー遭難の発表。
すぐにTBSから電話きて、「全国ニュースでも扱いますから、取材お願いします」と。
絶望的な気分の私と先輩二人で、取材に駆け回る。

翌朝5時。冬の海岸で空手少年・少女を見つめる私がいた。空手の寒中稽古の取材。
真冬の海に上半身裸で入る男たちをみて、すこしわらた。

3日は、朝は早くなかった。でも仕事。
朝早くもなく、夜遅くもない、「普通」の勤務の日がオアシス…ってどういうことだろうか。

学生時代も毎週日曜日は部活だったから(しかも冠婚葬祭以外休めない)、
連休がないようなものだった。
そんな生活を5年間続け(フィリピンでもダンスの練習は日曜日だった)、
いつしか自分のプライベートの生活と両立させるためのすべを学んだ。

「小さなことで幸せを感じる」「つかの間の時間を楽しむ」、そして「むちゃする」

寝る前の数時間、好きなDVDを流しながら眠る、おいしいものを食べられるところに行く、
リラックスできるカフェに行く、そしてオールしても、めちゃめちゃ飲んでも次の日なんとか乗り越える
というようなことだ。

こんな生活を大学の時に送っていたおかげで、今の仕事のスタイルになんとかはまっているのではないかなあ。
仕事してから、誕生日もお盆もクリスマスも正月も全く関係ないような生活になってしまったけど、
小さなことで満足するようになった。

たとえば、クリスマス近くのある平日。仕事の合間に駆け込むようにしてモスにランチに入った。
店内にはやさしく陽がさし、クリスマスの飾りと音楽でムードたっぷりだった。
これだけでは私は幸せな気分になった。驚くほどリラックス。

クリスマス当日は、クリスマスケーキの取材。まちの小さなケーキ屋さんを取材した。
ドイツで修行をつんだというご主人。レトロな店とクリスマスの飾り。クリスマスケーキを買いに来る
人たちを見るだけで、私はなんだか満足してしまった。

正月に楽しかったことってなんだろうなあ…と考えたら、
会社のTVで見た、箱根駅伝と高校サッカー。他局の番組だけど、どうどうと大きいモニターで
流して、仕事の合間に見続けた。

なんか書いてて悲しい気がしてきたけど、別に今の生活には満足だよ笑
昔からの楽しみの買い物とか髪切るのとかは相変わらず東京だし。
思えば仕事始めてから、必ず2ヶ月に1回は行ってるなあー1ヶ月に2回行くこともあるし。

とりとめのない日記になってしまった。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。